子供が宝塚音楽学校に入るにはいくらいる?準備に必要な費用を解説

子供が宝塚音楽学校に入るには どのくらいお金が必要? 宝塚音楽学校受験

子供が宝塚音楽学校に入るためには、準備にかかる習い事の費用は総額いくらかかかると思いますか?

昔から、宝塚にはお金持ちしかいけないとか、宝塚の舞台を目指すと国産高級車が1台買える、家が一軒建つと言われたりしています。

実は、私は、中学生の頃に宝塚を観劇し憧れ、宝塚音楽学校を受験しました。最初の1回は、幼少期からクラシックバレエとピアノ、そしてソルフェージュを習っていたということもあり準備なく受験しましたが1次試験で不合格。高校2年生の際には声楽を習い再受験するもまた2次試験で不合格。最終受験学年の高校3年生の時は、1年間宝塚受験スクールに通いましたが最終試験で無念の不合格という経験をしました。

そして、自分が宝塚ではないけれどミュージカルの舞台に立ち、ダンスや歌を教える経験をし、教えた生徒たちが宝塚音楽学校に合格していく姿とともに、お月謝を頂く立場として費用を具体的に知ることに。。。

この記事では、幼少期から宝塚音楽学校に入るための習い事をし、受験スクールに通うと総額どのくらい費用がかかるかを私自身の体験談を元にお伝えいたします。

宝塚音楽学校へ入るにはどれくらいお金が必要?準備に必要な費用

電卓

宝塚音楽学校に入るために幼少期からいくつも習い事をする必要があります。
となると、必要になってくるのがお金。

クラシックバレエ・ピアノ・ソルフェージュ、そして13歳くらいからは声楽とそれぞれはさほど高額ではなくとも、全部、しかも幼少期からとなると親御さんの負担も大きいものになってきます。

また、宝塚音楽学校受験の半年~1年前くらいからは、宝塚音楽学校の受験対策に特化した専門の受験スクール通い、受験対策を兼ねたレッスンに通う方が大半です。宝塚音楽学校に合格されたほとんどの方は、各地にある宝塚受験スクール出身者とも言われています。

宝塚受験スクールは、東京・大阪に多くあり、ほとんどの受験スクールで、夏・冬・受験直前に講習会が行われています。試験の傾向を教えてくれるので、受験1年前には通うことは宝塚音楽学校を目指す人にとっては自然な流れになることでしょう。

そのことを見据えて、宝塚音楽学校へ入るための受験準備に必要な習い事にかかる費用はどのくらいかというと、総額およそ420~650万円!!

(※習い事以外にかかる諸々の経費、交通費、各種教室の発表会費は省く)

それでは、時期別にかかる費用を詳しく説明していきます。

【受験準備】幼少期(3~5歳)の費用

幼少期の宝塚音楽学校受験準備のための習い事は3つ。

週1回くらいの気楽さでレッスンをしていくとなると大体このくらいの費用になっていきます。

習い事レッスン頻度月額
クラシックバレエ週1回6,000~8,000円
ピアノ(リトミック)週1回5,000~6,000円
ソルフェージュ月1回1,500~2,000円

合わせて月額12,500~16,000円

年間(12か月)150,000~192,000円

これを3年間続けると、576,000~810,000円になります。

【受験準備】小学生(6~12歳)の費用

小学生になると、クラシックバレエのレッスン回数は増やしていきます。

小学中学年になればトゥシューズを履くようになり、レッスン数は増えレッスン費も増えると思います。

習い事レッスン頻度月額
クラシックバレエ週2~3回8,000~12,000円
ピアノ(リトミック)週1回6,000~8,000円
ソルフェージュ月1回2,000~2,500円

合わせて月額16,000~22,500円

12ヶ月で年間にかかるのは192,000~270,000円。

これを6年間続けると、1,152,000~1,620,000円になります。

【受験準備】中学生(13~15歳)の費用

中学生になってこれば、声楽のレッスンも必要になっていきます。

声楽のレッスンは教室や先生によってレッスン費が大幅に変わりますが、1回5000~8000円の先生が多いと思われます。

習い事レッスン頻度月額
クラシックバレエ週2~3回8,000~12,000円
ピアノ(リトミック)週1回8,000~10,000円
ソルフェージュ月2回4,000~5,000円
声楽週1回20,000~30,000円

合わせて月額40,000~57,000円

12ヶ月で年間にかかるのは480,000~684,000円。

これを3年間で1,440,000~2,052,000円になります。

宝塚音楽学校受験1年前にかかる受験スクールの費用

宝塚大劇場

宝塚音楽学校受験1年前になったら、宝塚音楽学校の受験に特化した受験スクールに通うことをおすすめします。

いくら長年クラシックバレエやピアノ、声楽を習っていても、宝塚音楽学校の受験は、傾向を掴んでいないと難しいです。その傾向を掴むには受験スクールで対策を学ぶのが一番近道!

今まで通っていたレッスンも引き続き通いながら、受験スクールにも通うことを前提とし細かく見ていきましょう。

習い事レッスン頻度月額
クラシックバレエ週2~3回8,000~12,000円
ピアノ(リトミック)週1回8,000~10,000円
ソルフェージュ月2回4,000~5,000円
声楽週1回20,000~30,000円

 通常の習い事は引き続き、合わせて月額40,000~57,000円×12ヶ月で年間にかかるのは480,000~684,000円。

これに、受験のためのスクール費用が加わり

レッスン項目月額年額
宝塚音楽学校受験スクール費用約40,000~80,000円480,000~960,000円
夏・冬・受験直前の講習会50,000~100,000円(1シーズン)150,000~300,000円

受験スクールの年額は、530,000~1,260,000円。

受験前の1年間は、通常の習い事と受験スクールを合わせて年間1,080,000~1,938,000円です。

受験準備と受験スクールの総額

総額

受験1年前は受験スクールのみに通うというレッスンでも良いのですが、受験間近になると絶対に合格したい!もっと上手になりたい!と本気で目指している方は、大半の方が受験スクール以外でも個人レッスンを受けていきます。

幼少期から宝塚音楽学校に入るために必要なレッスンの具体的な費用を算出していくと、およそ420~650万円

※レッスンで必要になってくる、ピアノ、楽譜、バレエレオタード、シューズ、トゥシューズなど諸々や、レッスン以外でのピアノの発表会費、バレエの公演に出演した際のチケットノルマ、各教室への入会金など、レッスンにいくための交通費などは含んでいません。

宝塚受験経験者の私も、親に多額の費用を出してもらっていました。

本当に感謝しかありません。両親ともに「夢を見せてもらえたし、それ以上に夢に向かって学ぶ娘の姿と、それを親としてできたことは最高に嬉しいこと」と言ってくれました。

私自身は宝塚音楽学校に不合格だったものの、幼少期から習い事していたからこそ、その後ミュージカルの舞台に立つことができ、その後オペラ歌手にもなれ、後進の指導をできるようになったので幸せです。

まとめ

子供を宝塚音楽学校ぜひ入れたい!

そのために、幼少期から中学3年までに必要な習い事にかかるお金は

幼少期3~5歳:3年間で約60~80万円

小学生6~12歳:6年間で約120~160万円

中学生13~15歳:3年間で約140~210万円

宝塚音楽学校受験1年前の受験スクール:年間約100~200万円

幼少期から受験スクールまで通うと、習い事にかかる必要な費用は、総額およそ420~650万円になります。(※レッスン費用は、地域や教室、先生よって若干変わりますのでご注意ください。)

レッスン以外にも、習い事をしていると必要なものがたくさんでてきますし、交通費も加わったり、コンクール、発表会、公演などに出演するごとに、衣装や参加料やチケットなどが上乗せされます。

こんなにもかかるの?と驚かれると思いますが、3歳から受験前15、6歳まで13年ほどあり、年間で換算すると年額約32~50万(月額約2~4万)という費用は、芸事としてそこまで高額なものではありません。

子供の夢はプライスレス!

どんな結果であれ、夢に向かう一生懸命な子供の姿を見ることと、その夢をサポートできるのは、素敵なことで何事にも変えられない素敵な経験だと思います。