正月飾りの取り付け方は?いつから飾るから最適な位置や風水観点から処分まで

正月飾りの取り付け方は?いつから飾るから最適な位置や風水観点から処分まで 季節の行事
スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。


新年を迎えるにあたり、玄関に正月飾りをどのように飾るかは、多くの方が気になるポイントです。

いつから飾るべきか、どの位置が最適か、風水の観点はどう考慮すれば良いのか。これらの疑問に答えるため、正月飾りの取り付け方やその際の注意点について、詳しく解説します。

伝統を重んじつつも、スタイリッシュな玄関を演出するコツをご紹介しますので、新年の準備を楽しみながら参考にしてください。

スポンサーリンク

正月の玄関飾りの取り付け時期と方法

日本の伝統文化の一環として、新春を祝う正月飾りの取り付けは、その年の幸運を呼び込む重要な役割を果たします。

この美しい習慣には、いくつかの基本ルールや慣習が存在します。

特に、飾り始める時期に関心が集まることが多いです。

一般的には、12月13日以降に飾り始めることされています。

この日は「正月事始め」として知られ、古来より新年の準備を開始する日とされています。

しかし、多くの家庭では大掃除が終わった後、12月28日までに飾ることが一般的です。

また、クリスマスの飾りを片付けた後に正月飾りを飾る家庭もあります。

この時期に飾ることで、新年を迎える準備が整い、家族や訪れる人々に新年の喜びを分かち合うことができます。

正月飾り避けるべき日と最適な日

正月飾りを飾る際には、特定の日を避けることが昔から言われています。

特に12月29日は「二重苦」と聞こえるため、不吉とされています。

また、大晦日の「一夜飾り」も避けるべきとされています。

理想的なのは、12月28日までに飾り付けを完了することです。

この日は「八」が「末広がり」を意味し、縁起が良いとされています。

この日に飾り付けをすることで、新年に向けての幸運を願うことができます。

また、飾り付けをする際には、家族や友人と一緒に行うと、新年の喜びをより一層深めることができるでしょう。

正月飾りの意味と配置

正月飾りは、新年を迎える神様をお迎えする目印として、また家庭の幸福や健康、豊作を願う意味も込められています。

玄関や門口の外側に飾るのが理想的で、目線より少し高めの位置に設置することが推奨されています。

風水を考慮する場合は、玄関ドアの正面ではなく、脇や壁に控えめに飾ると良いでしょう。

歳神様は、新年の幸運をもたらすとされる神様で、彼らが家を訪れる際には、家族に幸福と繁栄をもたらすと信じられています。

そのため、歳神様が容易に見つけられるよう、目立つ場所に飾ることと言い伝えられています。

正月飾りスタイリッシュに市販フックを活用した飾り方

壁に穴を開けることなく、市販のフックを活用することで、簡単におしゃれに正月飾りを取り付けることができます。

マグネットタイプ、粘着タイプ、吸盤タイプのフックなど、玄関の材質に合わせて選ぶことができます。

これらを利用することで、新年の準備を手軽に楽しむことができます。

例えば、マグネットタイプのフックは、磁石が付く玄関扉に最適で、強力な磁力を持つフックなら、風雨にも負けずに飾りをしっかりと支えてくれます。

粘着タイプのフックは、跡が残らずに貼り直しが可能で、耐荷量が8キロと強力なので、大きなクリスマスリースなども安心して飾れます。

吸盤タイプのフックは、ガラスやツルツルした表面に適しており、傷をつける心配がなく、取り付けや取り外しが簡単です。

正月飾りの片付けと処分方法

正月飾りの片付け時期は地域によって異なりますが、一般的には1月7日の七草粥の後や、1月15日の小正月までが目安です。

処分する際には、塩やお酒でお清めを行い、地元の神社で行われるどんど焼きや納札所へ持っていく方法があります。

これらの方法は、お正月飾りを神聖に扱い、新しい年への感謝を表す日本の美しい伝統です。

また、鏡餅に関しては、1月11日の鏡開きが終わるまで飾るのが普通ですが、地域によっては1月15日や1月20日まで飾る場合もあります。

正月飾りは、一年の始まりを祝う大切なものであり、その取り扱いには敬意を持って行うことが重要です。

まとめ

新年を迎える玄関ドアに正月飾りを飾る際のポイントは

・一般的には12月13日以降に飾り始め、12月28日までに飾るのが望ましい。
・12月29日と31日は避けること
・玄関の外側、特に目線より少し高めの位置が理想的
・風水を気にする方は、玄関ドアの正面ではなく、脇や壁に控えめに飾ると良い
・市販のフックを利用すると、穴を開けずに簡単に飾れる

正月飾りは、新年の幸運と家族の幸福を願う大切な伝統です。

この美しい習慣を楽しんで、素敵な新年を迎えましょう。

正月飾りを飾る際には、伝統を尊重しつつ、自分の家庭やライフスタイルに合わせてアレンジを加えることが大切です。

正月飾りは、新年の幸運と家族の幸福を願う日本の美しい文化の一つであり、その飾り方一つをとっても、日本の文化や精神性が反映されています。

新年を迎える際には、これらの点を心に留めて、素敵な飾り付けを楽しんでみてはいかがでしょうか。

季節の行事
スポンサーリンク
とれかる~Trend&Culture