ユニクロのサングラスは目に悪い?注意点とレンズ交換、適した使い方

ユニクロのサングラスは目に悪い?注意点とレンズ交換、適した使い方 商品情報
スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ユニクロは、その手頃な価格設定で知られており、サングラスも例外ではありません。

税込1,990円で販売されるこれらのサングラスは、日常的な使用に最適な選択肢となっています。

しかし、低価格であるが故に、製品の品質について疑問を持つ声も聞かれます。

そこでこの記事では

・ユニクロのサングラスは目に悪いのか?
・ユニクロのサングラスの注意点
・ユニクロのサングラスのレンズ交換方法
・ユニクロのサングラスは何に使うのに最適か?

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ユニクロのサングラスは目に悪い?

「ユニクロのサングラスは目に悪いのでは?」という疑問が一部で持ち上がっています。

現在(2023年12月現在)ユニクロではサングラスのラインナップにUV400レンズを採用しています。
このレンズは紫外線を効果的にカットする特性を持っており、屋外での使用に適しています。

ユニクロのサングラスは、外出時の日差し対策として役立ちます。

ただし、これらのサングラスはあくまでも日常使用のためのものであり、特定の健康効果を謳うものではありません。

すべての紫外線を完全に防ぐものではなく、例えばレンズの裏側からの紫外線反射や、サングラスと顔の間から入る紫外線の防止には限界があることを理解しておくことが重要です。

市場には紫外線反射を防ぐ特別なコーティングを施したサングラスも存在しますが、ユニクロの製品にはそのような加工は施されていない点に留意が必要です。

また、デザイン面での違いもあり、顔に完全にフィットするかどうかは個人によって異なります。

そのため、サングラス選びの際は、使用環境や個人の好みに応じて適切なものを選んでいきましょう。

・ユニクロのサングラスは、目に悪いというのは間違い!

・しかし、サングラスの顔の間から紫外線が目に入ることもあるので、完全に目を保護するというものではないので使用環境や好みに応じて適切に選ぶことが大切!

ユニクロのサングラスの注意点

ユニクロのサングラスにはいくつか注意すべき点があります。

特に濃い色のレンズは、目の瞳孔を開かせることがあり、それによって紫外線が目に入りやすくなる可能性があります。

したがって、特に濃い色のレンズを選ぶ際には慎重になる必要があります。

さらに、ユニクロのサングラスは、レンズの裏面で反射する紫外線や、メガネと顔の隙間から入る紫外線を完全に防ぐことはできません。

そのため、帽子などの他の紫外線対策を併用していくことをおすすめします。

ユニクロのサングラスのレンズ交換はできる?

ユニクロではサングラスのレンズ交換サービスを提供していないため、別のレンズに変更したい場合は他店を利用する必要があります。

JINSやZoffなどの大手眼鏡店では、ユニクロのフレームに合ったレンズ交換を行っています。

ただし、JINSやZoffでのメガネの交換は店頭でのみの受付になります。

わざわざ店頭に行くのが面倒という方には、ユニクロのサングラスを郵送で受け付けている「メガネショップE-ZONE」がおすすめです。

レンズを注文して、ユニクロのサングラスを「メガネショップE-ZONE」に送るだけで自分好みのカラーレンズや度付きレンズに取り換えることができます。

>>メガネショップE-ZONE

レンズ料金は

・クリアレンズ:3,980円
・ブルーライトカットレンズ (クリアレンズ):3,980円
・ライトカラーレンズ:6,280円
・サングラスカラーレンズ:6,280円
・調光レンズ:7,380円

となっており、お届け時の送料が無料になります!(発送時の送料は自己負担)

ユニクロのサングラスは何に使うのに最適か?

ユニクロのサングラスは、日常的な使用はもちろん、運転やアウトドアスポーツなどの活動にも適しています。

明るい日差しの下での活動時に、眩しさを軽減し、視界を確保することができるため、より過ごしやすくなります。。

しかし、運転やスポーツ用途での使用時には、視界の歪みや反射を防ぐため、レンズの品質やデザインを慎重に選んでいきましょう。

まとめ

ユニクロのサングラスは、その低価格ながらも高いUVカット率で、日常的な紫外線対策には十分な性能を持っています。

ただし、完全な紫外線保護を実現するためには、他の保護措置との組み合わせたりして(例えば、サングラスと併用して帽子をかぶるなど)、顔や目への紫外線の直接的な影響を減らすことができます。

ユニクロでレンズ交換ができない場合でも、JINSやZoffなどの他社サービスを利用することで、より高品質なレンズへの交換が可能です。

これらの眼鏡店では、紫外線反射防止コーティングや特定の視力矯正レンズを提供しており、ユニクロのフレームに合わせたカスタマイズが可能です。

わざわざ店舗にいくのが面倒な方は、郵送してレンズ交換をしてくれる「メガネショップE-ZONE」を利用しましょう。

商品情報
スポンサーリンク
とれかる~Trend&Culture