初節句の食事会は誰が支払う?予算の目安と自宅での食事会開催方法のすすめ

初節句の食事会は誰が支払う?予算の目安と自宅での食事会開催方法のすすめ 季節の行事
スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

初節句のお祝いにおける食事会の支払いって一般的にはどうするのか気になる人も多いかと思います。


この記事では、

・初節句のお祝いのお食事会の支払いは誰がすると良いのか?
・初節句のお祝いの予算の目安
・自宅での初節句ホームパーティーの開催方法について

詳しく解説します。

スポンサーリンク

初節句のお祝いの食事会は誰が支払えばいい?

一般的に子どもの初節句を祝う食事会は、通常、親が主催し費用を負担することが多いです。しかし、場合によっては祖父母が支払うこともあります。

子どもの初節句は、健康と成長を願う重要なイベントです。

多くの家庭では、この初節句という特別な日を祝うために食事会を開催します。

しかし、この食事会の主催者や支払い責任者については、多くの親が疑問を持っています。

一般的に子どもの親が支払う

一般的には、初節句を迎える子どもの親が食事会の主催者となり、その費用も負担します。この食事会は、お祝いをいただいた方への感謝の意を示す内祝いとしての役割も果たします。

家庭によって異なるケース

実際には、家庭によって様々なケースがあり、時には祖父母が食事会の費用を負担することもあります。特に若い夫婦の経済的な負担が大きい場合、このようなアレンジが行われることがあります。

ただし、この場合は、両方の祖父母が協力して支払いを行うのが理想的です。一方の祖父母だけが全額を負担すると、将来の関係に影響を与える可能性があります。

事前に支払いについて話し合い、当日は全員が笑顔で子どもの初節句を祝えるようにしましょう。

【重要なポイント

子どもの両親と両方の祖父母が、無理なく、派手にしないことが、皆が笑顔でイベントを楽しむことが大切です!

初節句お祝いの食事会 予算の目安

初節句お祝いにおける食事会の予算ですが、外食での食事か、自宅で行う食事会かで予算が多少変わってきます。

外食する場合、一般的な飲食店での食事会の予算は、一人あたり約10,000円が目安です。

内訳としては、お料理5,000円、飲み物3,000円、予備費2,000円程度を見積もっておくと安心です。

外食では特に飲み物代が高くなりがちですが、お祝いの席では皆が楽しむためには必要なものかもしれません。

自宅ホームパーティーで初節句お祝いをコスト削減

自宅でホームパーティーを開催すれば、料理を手作りしたり、デリバリーを利用したり、飲み物を量販店で購入することで、かなりのコスト削減が可能です。

初節句のお祝い食事会の適切な時期 初節句の食事会をいつ開催すべきかは、多くの親が悩むところです。特に生後間もない場合は、翌年にお祝いを行うのが一般的です。

具体的な日程としては、3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句の周辺、土曜日や日曜日が最適です。大安や友引などの日柄を選ぶ習慣は、現在ではあまり気にされなくなっています。

また、自宅でホームパーティーを開催する場合は、お雛様や五月人形を片付ける前に日程を設定することが大切です。

初節句のお祝い:自宅でのホームパーティーの開催方法

外での食事会も良いですが、自宅でのホームパーティーには多くのメリットがあります。

外食のメリットとデメリット

外食だと用意や片付けをする手間が省けるので、とても楽なのでこれだけでも十分にメリットがあります。

しかし、初節句を迎える子どもはまだ小さいため、外食では食事や行動に制限が生じることがあります。これにより、親は気を張り続け、食事を楽しむことが難しくなることもあります。

また両家の家族がそろうとなると、外食での経費はそれなりに必要になってきます。

ホームパーティーのメリットとデメリット

自宅でのホームパーティーなら、食事や行動の制限の心配が不要です。子どもは慣れ親しんだ環境で自由に遊び、必要な時には休息を取ることができます。

また、祖父母も孫とのふれあいを存分に楽しむことができます。家族全員がリラックスして、特別な日を過ごすことができるでしょう。

費用も外食するより削減できます。

ただ、準備や片付けなどは大変です。(手伝ってもらってなるべく負担がかからないようにしましょう。)

自宅でのホームパーティーの準備

初節句のホームパーティーを自宅で開催する際の準備について、不安を感じる親御さんも多いでしょう。しかし、初節句のお祝いには厳密なルールはなく、「主役は子ども」ということを念頭に置き、シンプルに楽しむことが大切です。以下に、初節句らしいホームパーティーのための準備アイデアをいくつか紹介します。

3月3日の桃の節句の場合

【季節の花】

桃の節句には、季節の花「桃」を飾ると良いでしょう。

桃の花は、美しさのみならず、厄払いや魔除け、長寿をもたらすとされています。

【お菓子】

ひし餅やひなあられを用意します。

これらの色合いには、赤(健康)、白(清らかさ)、緑(生命力)といった意味が込められています。

【料理】

・ちらし寿司 ・はまぐりのお吸物 ・白酒など

5月5日の端午の節句の場合

【季節の花】

端午の節句には、「菖蒲」を飾ると良いでしょう。

菖蒲は勝負や尚武の象徴とされ、子どものたくましい成長を願う意味があります。

【お菓子】

柏餅を用意します。

柏の葉は、新しい葉が育つまで古い葉が落ちないことから、子孫繁栄の意味が込められています。

【料理】

・赤飯 ・お煮しめ ・お吸い物 ・鯛や鰹

お祝いの料理を手作りするのも良いですが、特に離乳食の必要がある場合は、折弁当やオードブルのデリバリー、ケータリングサービスの利用も検討しましょう。大切なのは、無理をせず、家族全員が楽しむことです。

まとめ

初節句のお祝い食事会は、通常、親が主催し支払いを担うことが多いですが、家庭によっては祖父母が支払うケースもあります。

事前の相談を通じて、当日は家族全員が笑顔で子どもの初節句を祝いましょう。

外での食事会も良いですが、自宅でのホームパーティーも、節約と家族の絆を深める良い機会です。

無理なく、家族みんなで楽しむことを心がけましょう。

季節の行事
スポンサーリンク
とれかる~Trend&Culture