ひな人形選びの相場はどれくらい?選び方のコツと贈る人の伝統

雛人形選び 相場 季節の行事
スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

女の子の初節句を祝う家族にとって、雛人形は単なる飾り物じゃなくて、その子の健康や幸せを願う大切なシンボルとなっています。

日本の伝統的な行事、桃の節句(雛祭り)では、雛人形が大きな役割を担っています。

でも、雛人形って、誰がどんな風に選ぶべきなの?と疑問に思う方も多いかもしれません。

この記事では、雛人形をどう選べばいいのか、そして雛人形を贈るべき人についても一緒に掘り下げてまとめました。

スポンサーリンク

雛人形の相場は?

hina3

雛人形の相場には決まった基準がありません。

使われる素材や作り手の技術、デザインによって価格はピンキリ。

でも、人気のある価格帯やタイプはあるんですよ。

例えば、シンプルな親王飾りはだいたい5万円から10万円が普通。

家の大きさに合わせて、コンパクトな親王飾りや三段飾りを選ぶ人も増えています。

雛人形の選び方は顔の表情が大事

hina1

雛人形を選ぶ時には、最初に家のスペースを考えることが大切ですね。豪華な段飾りは見た目が素敵ですが、実際にお家に置けるかどうか、しっかり考えてください。

そして、もう一つ重要なのが、お雛様のお顔がご自分の好みに合っているかどうかです。好きな顔の雛人形を選ぶと、毎年飾るのが楽しくなりますよ。

でも、そんなに難しく考える必要はありません。「この笑顔が心地いいな」とか「うちの子に似てるね」といった、シンプルな理由でも大丈夫です。

それに、雛人形には地方によって顔が違うんですよ。

例えば、京雛は細やかな目元としっかりした鼻筋が特徴の「京美人」タイプ。

好みに合わせて、地方の特色を反映した雛人形を選んでみるのもいいですね。

雛人形を贈る人はだれ?昔と今の違い

hina2

昔ながらの伝統では、雛人形は母方のおじいちゃん、おばあちゃんが孫の初節句を祝って贈るものでした。家族にとって大切なこの節目を祝う習わしは、ほんとうに素敵なものですよね。

でも、時代と共に、このかわいらしい習慣にも少しずつ変化が見られています。

最近は、父方のおじいちゃん、おばあちゃんも雛人形を贈ることが増えてきていて、場合によってはおじいちゃん、おばあちゃんが一部支援し、あとはパパとママが出して購入することもあるんです。

雛人形には、女の子を災いから守る大切な役割があるんです。そのため、一人の女の子には一組の雛人形(お内裏様とお雛様)を用意するのが通例です。

例えば、双子の姉妹がいるご家庭では、それぞれの子に一組ずつ、合わせて二組の雛人形を用意します。

三姉妹の場合は、長女、次女、三女それぞれに一組ずつ、全部で三組を準備することが多いです。

家庭の事情に合わせて雛人形を用意するのが、今の時代のやり方になっています。

まとめ

この記事で、雛人形が祖父母からの贈り物としての伝統や、その価値の高さについて考えてみました。雛人形はただの飾り物じゃなくて、家族の愛や願いが込められた特別なもの。

どんな風に選ぶべきか、後世に受け継がれるその価値について考えてみました。

雛人形は、ただの装飾品を超えて、女の子の一生の幸せと健康を願う家族の気持ちが込められているんです。

選ぶ時のポイントや、贈る人の伝統を理解することで、この素敵な日本の習慣をもっと深く味わうことができます。

結局、雛人形は単なる節句の飾りじゃなくて、家族の絆や文化を引き継ぐ大事な役割を果たしているんです。

大切にすることの大切さを、もう一度心に留めておきましょう。

季節の行事
スポンサーリンク
とれかる~Trend&Culture